曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー

2005年 04月 14日 ( 1 )

新しいです

ずっと続くのになぜ?akkieです
何のことかといいますと、半永久という言葉です
永久でいいのに何故わざわざ半を付けるのでしょうか
考えてみたところ、わりと簡単に結論が出ました

「~が半永久的に続く」というのは、それ以前は続いてないのです
過去から現在、そして未来へと続いていくのが永久
現在から未来へ続いて、過去へ遡れないのが半永久です
「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」ですね

数学で言う直線、半直線と理屈は一緒です
直線はどっちを見ても無限の長さまで続いている
半直線はある一点から真っ直ぐ伸ばした線
ちなみに両端をブツ切りにしたものは線分と呼ばれます

けど半と付くと中途半端で無限という感じがしませんね
そこを上手く表しているのが半透明という言葉です
ジャスコの買い物袋が半透明です
ここで使われている半は半端の半でしょう。おそらく


今週の白い眉
このコーナーではオレが今週読んだ本から良かった一冊を紹介します
白い眉の意味が分からない人は三国志を読みなさい!

中条潮『航空新時代』ちくま新書
96年発行であることを考えるとかなり古い本ですね
航空業界がいかにガチガチに縛られてきたかが分かります
既に十分競争力をつけてきたのに旧態依然とした制度
料金を下げることもできない
客が求めているのは安全性と安さなのに!
で、割と談合が多い業界なんですが行政が悪いといっているのが笑える
ぬるま湯に漬からせっぱなしなのが悪いんだと

三社独占時代が終わる直前の本です
改革への期待感なんかが伺えます
一冊目でなんですけど、白眉ってほどではないですよ・・・
この本を読んだのはyasuが航空の講義をとっていたからです

Be surprise!
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-04-14 19:13 | akkie(木)