曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カルチャーの日

今日は文化の日ですね。akkieです

オレの家庭教師先の生徒に、なぜ11月3日が祝日なのか尋ねたところ知らなかったそうです
皆さんは当然知ってますよね?
そう、憲法が公布された日です。ちなみに1946年の今日なんですね
この半年後、つまり5月3日は憲法記念日ですが、これは憲法が施行された日なんですね
つまり今日は憲法の完成記念日だったわけです
おそらく二つも憲法記念日があると変だから片方を文化の日にしたんでしょう

ところで憲法の公布と施行の両方を祝日にしている国は珍しいんじゃないでしょうか
ちょっと調べてみました

そしたら驚き、憲法記念日が存在しない国の多いこと
イギリスには憲法がないから仕方ないとしても、他国にもほとんど見受けられません
見つけたのはロシア韓国タイの三カ国のみ
どこも建国記念日や独立記念日はあるんですけど
さすがに制定から59年間、一字一句変更していないガチガチの硬性憲法なだけあります
大事にしてるんですね


あと、調べている時に珍しい事件。Googleがエラー。引用してみると
Google
Error

Server Error
The server encountered a temporary error and could not complete your request.
Please try again in 30 seconds.
一時的なエラーでリクエストにお答えできませんてとこか
30秒後にまたお試しください、となぜ時間指定?
原因は書かれてないし
代わりにヤフーを使おうと思ったらマイナーチェンジしてて使いづらかったし
散々ですよ





今日も休みなことだし、久しぶりにDVDをレンタルしてきました
アレです、平成ガメラ三部作
さっき「ガメラ 大怪獣空中決戦」を観ました

いまや単に怪獣が出てきただけでは喜ばない年頃になっています
ゴジラのところでも書きましたが、本当っぽいディティールが重要
その点、この映画は凄いです。日本テレビのキャスターが出まくりですよ
いつもは現実のニュースを読むアナウンサーが「ギャオスが出現しました」と緊急放送
あとゴジラでもひどいですが、自衛隊の扱いがやけにひどいなと思ったら、
「自衛隊が怪獣を攻撃できるようにするための改正法案の提出」の伏線だったり
例によって戦うまでは非常に面白かったですよ

今作では新宿周辺で決戦するわけですが、どっかで観たことがある風景多し
ただし10年前
石油コンビナートも登場し、もちろん爆発します。お約束ですね
場所はおそらく東京湾としか分からないのが残念ですが


それにしてもレンタル料金って安いですね
3本も借りたのに500円かからなかったんですよ
昔の映画を観ていけばリーズナブルで大きな満足が得られそうです

(追記)
お気に入りのセリフは、ニュースキャスターのなんだけど
「なお政府の通達に従い、以後、
    海の怪獣をガメラ、鳥形の生物をギャオスと呼称します」
というものです
考えれば映画の中だって最初から怪獣がいることを前提としている訳じゃない
となれば最初は好き勝手呼んでたって、最終的に政府の見解に従うのは当然のことだよね
ちなみにゴジラ世界では国連G対策センターがつくられていました
特に怪獣が暴れるってのは命に関わることなんだから
もちろん現実だってそうで、分かりやすいのは振り込め詐欺
センス抜群のオレオレ詐欺という名称もあっという間に使用されなくなりました
当然ながら怪獣出現ほどの緊急性はないけれども、
国民の安全に関わることだから意思統一を図る必要があるんでしょう
緊急性も危険性もない場合、行政は介入してこないですよね
典型的なのはタマちゃんですか
ジョークで住民票を作り、登録名がニシタマオでしたが、誰も使いませんね
この辺の違いが公共の福祉ってヤツでしょう
そういやパナウェーブ研究所は微妙なところですね
スピードオーバーならともかく常に徐行してるだけじゃ捕まえられませんし

ところで前月に出された自民党の憲法改正案
現憲法の公共の福祉にあたる部分の表現が変わってるんですよ
公益及び公の秩序」という表現に改まってます
何だか公共の福祉よりも範囲が広がっているような気がするんですけど・・・
恣意的に運用されないことを望みますよ
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-11-03 18:22 | akkie(木)