曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

mixiのコピペでごめんよ。

たまに頭を過ぎります。この前は原付運転中に来たんで
モンモンと考えながら運転してたら、危うく前の車に
突っ込むところだった。 気をつけよう。

で、本題。
やさしいって2つあると思います。





人生は責任、仕事、義務なんていう名前の重たい荷物を
背負って歩く砂漠だと想像しくださいよ。
終着点はわかりません、もちろんそこまでの距離もです。

          やさしさ1
で、あるとき荷物を背負って歩いているあなたのところに
車で人が来て
「重そうだね。方向も一緒だし乗ってく?」と言った。
あなたは「はい」と言って乗った。
重たい荷物は背負わなくていいし行きたい方に行ける。
なんて便利なんだと思た。
その車に乗せてもらって一週間、一ヶ月、一年と経ち
もうどのくらい乗せてもらっているのかわからなくなった時
急に車の人が
「ここからは行き先が違うな。また自分で歩いてくれ」
と言って、降ろされた。
さぁ、車で長いこと楽してしまったあなたに再び
以前背負っていた重たい荷物を背負って歩くだけの
筋力、気力があるだろうか?

          やさしさ2
で、あるとき荷物を背負って歩いているあなたのところに
やっぱり車で人が来たが
「重そうだね。でもキミなら大丈夫。きっと最後までいけるよ」
と言った。
その後も車の人は行く方向が同じだったためずっとあなたの
横を並走しながら励まし続けた。でも決して手は貸さなかった。
一週間、一ヶ月、一年経っても車の人はあなたを励まし。
もうどのくらい一緒に来たのか分からなくなったころに
「ここから先は行き先が違うから。またね。」
と言って去っていった。
そしてあなたは走り去る車に別れを告げて、力強く歩き出す。

って感じです。
なんのこっちゃわからないでしょうね?

「やさしさ1」の方は簡単に言えばお節介です。
一見するとやさしいですが、本来その人が自分の力で解決
しなければならない問題を誰かが解決してしまっています。
これではいつまで経っても成長はないでしょう。
むしろ退化させて、他人に甘える心を育ててしまいます。

対して「やさしさ2」は一見すると不親切ですが、
困難を自力で克服できるように励ましています。
自力で克服することによって自信がつき、新たな困難が
あっても立ち向かって行ける力が付きます。

ボクは「やさしさ2」で人に接したい。
見てくれにだまされずに本当のことをしていたい。

最後まで読んでいただきまして(そんな人いるかな?)
ありがとうございました。
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-10-17 21:59 | masa(日)