曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

モジュラージャック

電話線を挿す所といわずにモジュラージャックと呼んだ方が
聞こえがいいと勘違いしている土曜のyasuです。

ネットをつなごうとジャックを探したら部屋にないんですよ。
それでも必死になってあるはずもない靴箱をあけてみたりと大奮闘。
後で聞くと、部屋の隅っこのテレビの裏にありました。
こんなとこにジャックをつけても、どこに電話機をおくねん!!って感じです。
帰ってきて、玄関で留守番電話のボタンを押すという
ドラマティックな生活を真似する事さえも許されないんですね。。



週に一度ビックチャンスを求めて通っている場所があります。
それは街の本通りから少し入った所にある小さな売り場です。
本当に小さく、こんな個人でも宝くじを販売できるんだ~と
少し関心してしまうくらいです。

毎回買う物といえばもちろんスクラッチです。
1等が100万円とジャンボに比べれば手頃な当選金です。

しかし、ここのおっさんがかなりくせものなんですよ。
いつも買うときは無欲を心がけて(無理ですが)
買うんですが、1000円で200円分買ったときなんかは、

客      (1000円札を出して)スクラッチ一枚下さい。
おっさん  え!!一枚!!はいはい。・・・一枚であたるかよ・・・

もうこのやり取りだけで十分です。
やりとりの終わった時にはすでに欲望の塊となってしまって
あててやるぜ!!と 無欲どころじゃないんです。
なんとも王様商売!!
すいませんと声をかけても1分以上待たせる事もざらです。
c0035962_2120328.jpg

地元では結構有名らしく新聞にも載っているような販売店なんですが
どうなんでしょうね~。
個人的な考えとしては、あたりやすい店っていうのは存在しないと思うんですが。。
結局、一度偶然に出てしまえば、その販売店は出る店として知られ
多くの人が足を運ぶ。たくさん売れれば、それだけ一つの店舗から
出る本数は増える。そのあたった本数だけを見て、さらに客が足を運ぶ。
1等が出て一番喜ぶのは、きっと当たった人よりも販売店側ですよね。
分子にばっかり目が行って、肝心の分母はおいてけぼりです。

肝心の確立といえば、スクラッチは100万円が当たる確立は
5万分の一くらいです。
来週当たるかもしれないですが、1000年後かもしれないですね^^

ま~確立には目をつむって、他に店を知らないので結局あの店で
つまようじをくわえて、ベルトを締めながら出てくるおっさんから
くじを買わなくてはいけないのですよ。。。
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-06-11 20:55 | yasu(土)