曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

走りつつ、箸で橋の端をハシッと奔る

箸が気になるお年頃。akkieです
TVで料理が出てくると、どうしても箸の使い方が気になっちゃうんですよ
他にも学食なんかで周りの人の箸使いを見ちゃったりして

この前、とんねるずの食わず嫌いに韓国人が出てましたね
名前を失念したんでKさん(仮名)とでもしましょうか
(元々見分けなんてつきませんが)
Kさん、食事マナー悪かったですね!
ちゃんと躾されてたのかよって感じでした
もしかしたらそれが韓流だっかのかもしれないですが・・・
同じお箸の国の人でも違うもんなんですねぇ

さて、朝鮮つながりで今日のサッカー、vs北朝鮮
2-0で日本が勝ち、ワールドカップ出場決定です
オレは前半しか見なかったので、得点シーンが見れずに残念
バットマン見ようと思ってたらテロップで知りましたよ

最後にスポーツつながりで野球の話題
先月からセパ交流戦をやっていますね
巨人vsホークスが日本シリーズ以外でも見れるなんて!
と最初は新鮮でしたが、最近はすでに飽きました
いったい何試合やってるんだよ!
ひと月もダラダラやってて意味分かんないですよ
どうせなら分散すればいいのにさ
交流戦が終わったらオールスターなんでしょ?
普通の試合はいつになったらはじまるんでしょうか
日本生命とか冠が付いてるけど、この企画の責任者出てこい!





今週は世界史に興味を持ったんですよ
世界の歴史6  宋と元』中央公論社
世界の歴史11 新大陸と太平洋』中央公論社
リンク先は文庫版ですが、実際に読んだのは単行本です
沖縄のM大付属図書館にも置いてありますので、ご参照あれ
中央公論社からは二種類出てますが、旧版の方ですよ~

何かで読んだのか聞いたのかは忘れましたが、こんな言葉を覚えています
歴史はどっから始めても結局はどこかでつながる
確かに歴史は「過去」という意味で共通ですし、かなり勇気づけられたものです
このシリーズは他社に比べて短いとはいえ、全16巻もありますので挫折もしやすい
沖縄滞在中に読もうと決心したわけですが、二巻まで読んでくじけました
けどいつかは再開したいと思っていまして、偶然古本屋でみつけたんですよ
箱入りの立派な本なのに一冊105円ですから買わないわけにいかない
揃いじゃなかったのが残念でした
ウチの大学図書館には置いてないんですよ~

『宋と元』
宋の時代は戦争しないで金で解決という感じでした
日本人にとっては身につまされる時代ですね
それからモンゴル帝国、すなわち元です
史上最大の領土を持った国だというのはご存じでしょう
けども90年くらいしか続かなかったんですよ
驚きでしたよ

『新大陸と太平洋』
新大陸とはアメリカを指しています
アメリカ独立史がこの巻の中心です
ラテンアメリカも入ってますが、申し訳程度ですね
インディアン側からの記述があまりないのが時代です
それからなぜかオーストラリア史が最後に載っています
アボリジニのアの字も出てこなくて、完全にイギリス寄りです


最後になりましたが、今週の白眉を一冊
山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』光文社新書
最初に言っておくと、これを読んで会計がわかるようにはなりません
この本は「言われてみれば気になるな」という商売を知ることにあります
話題が面白くてついつい引き込まれてしまい、さっさと読んでしまいました
さおだけ屋の正体を知っただけでも読む価値ありです
さあ図書館へGO!
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-06-09 23:28 | akkie(木)