曜日ごとに書き手が違います


by kokusaitekisaa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤い棒と私

どうにも疑問を禁じ得ない。akkieです
ワタシも一応、自動車の免許を持っているのです
道路工事をしている場所を通るのが苦手です
そこでは交通整理員の指示に従います
この場合、既存の信号機よりも人の指示が優先します
整理員は赤いビームサーベル警棒を持って合図をします
オレにはそれが腑に落ちないのですよ
教習所で習った合図と現実が食い違っているのです

正面で左右に振るのはどういう意味なんですか?
え~と、ちょうどワイパーと同じ動きです
あんなの教本には載ってなかったですよ!
教科書で教えないことをやらないでくれ~


尼崎での列車脱線事故は衝撃的でした
オレも通学に電車を利用しているので尚更ね
ここに追加されることは確実ですね
「他人の不幸は蜜の味」というレベルを超えているので、新聞の社会面は読んでいません
だから的はずれな話かも知れませんが、マンションの住人はどうしてるんですか?
聞いた話によれば全員ホテルに避難しているとか
JRと乗客の話ばかりでマンション側の話が一向に出てこない
それも不自然なことですから、どこかで出ているんでしょうね
オレがこのニュースを意識的に避けてるから見えないだけで

これで中国なんか霞んじゃいましたね
政府はコレ幸いとうやむやにせず、謝罪をしっかり求めて欲しいです
そして公式の場での賠償ですね
中国側はどうも水面下で金を渡しておしまいにしようとしています
まぁそれをやったら分裂する気がしますけど



石郷岡建『ユーラシアの地政学』岩波書店
ソ連が崩壊して10年以上経ち、その間ロシア経済は低迷を続けている
それでも核保有国で世界最大面積の影響力は落ちない
確かにソ連時代の「米ソ」に比べものにならないけど
それでもロシアを気にしなさ過ぎでは?と思った
今のロシア周辺をコンパクトにまとめている本だと思います

木村汎『プーチン主義とは何か』角川書店
稲垣清『図解 中国のしくみ〈Version2〉』中経出版
それに関連して読んだ、アジアの2強についての本
ただ中国の方は現地経済の仕組みが中心で政治ではない
プーチンは「強いロシア」を掲げているが、就任直後は強硬だったんだな
チェチェンへの武力行使もあったっけ
時事に疎すぎるなぁ


他にも2冊ほど
夏目漱石『心』岩波書店
高校の教科書から消えるとか消えないとかで話題になりました
結局どうなったんですか、文科省さん?
読んでまず思ったのは「わがままな男だな」ってことでした
隣の芝生は青く見えるというか
先生に同情の余地無しですね

香山リカ『〈じぶん〉を愛するということ』講談社現代新書
わざわざこんな本で確認しなくても、オレは自分が大好きです!
[PR]
by kokusaitekisaa | 2005-04-28 18:53 | akkie(木)